ゴルフ肘について

ゴルフ肘について

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘とは、ゴルフをする人に起こりやすい肘の炎症のことです。手首や指の動きを制御する筋肉や腱に強い負荷がかかることで発生するもので、テニス肘と呼ばれることもあります。

ゴルフの場合、クラブを正しい持ち方で持たなかったり、力ずくで無理なスイングをすることでボールを打った際の強いインパクトに筋肉や腱が耐えきれず、炎症を引き起こします。

ゴルフ肘の原因と症状は人それぞれであり、原因をしっかりと突き止めることが重要です。

ゴルフ肘の治療法

症状自体は悪化していない場合は、ストレッチや一時的に筋肉を休ませることである程度の解消をすることができます。

特にゴルフの場合にはスイングのフォーム自身に問題があることも多いため、適切な方法で改善することが重要なポイントとなります。

痛みがひどい場合には、ステロイド注射で炎症を抑える治療を行うのが一般的です。衝撃波治療を行う場合もあり、この方法では炎症を発生させている筋肉に衝撃波を加えることで外部から筋肉をほぐし、痛みを和らげるものとなっています。

ゴルフ肘はゴルフやテニスなどで起こりやすいものですが、同じように衝撃を受けるスポーツや、同じ作業を繰り返す工事現場の作業でも発生することがあるため、注意をすることが必要です。

ゴルフ肘の治療は、当院へおまかせください!

ゴルフ肘は放置すると症状が悪化する場合があります。症状が悪化する前に当院にお越しください。

患者様お一人お一人に合わせた施術プランで、患者様の症状を改善いたします。あなたのご来院心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました