足底腱膜炎について

足底腱膜炎について

足底腱膜炎の原因

足底腱膜炎はスポーツ障害のひとつなので、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツをしている人が罹りやすい病気です。

スポーツしている人以外に、長時間の立ち仕事をしている主婦や会社員なども足底腱膜炎に罹ることがあります。

そのほか、肥満気味の人や一時的に体重が増加した、加齢による筋力の低下なども原因になるため、適正体重を保つことも大切です。

アーチ構造を支える足底腱膜が炎症を起こし、小さな断裂を繰り返している状態なので、地面に着地した際、かかと部分に強い痛みを感じることがあります。

足底腱膜炎の予防

足底腱膜炎は、スポーツも症状が悪化する原因になるため、一日の練習量を決めておくと良いでしょう。痛みが強い時はテーピングをしておくことで、辛い症状を軽減することが出来ます。

整形外科病院やクリニックでも多くみられる病気なので、事前に病気の原因と症状を知っておけば、早期発見・適切な内服薬や外用薬で治療が出来ます。

放置しておくと症状が悪化し、歩行やスポーツに悪影響が出てしまうことが多いです。適切な治療を受けることで、回復を早めることが出来ます。

足底腱膜炎でお悩みの方は当院におまかせください!

足底腱膜炎は、ランナーに多く見られるスポーツ障害の一つです。普段から練習量をコントロールし、休養をとることで症状を予防できますが、それでも痛みが生じる場合は専門家への相談をおすすめしています。

リカバリー整骨院 二日市院では、患者様の痛みの原因にアプローチし痛みの根本改善を行います。

走っていると足の裏が痛む…などの症状にお悩みの方は、ぜひご来院ください。

タイトルとURLをコピーしました