脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは

症状として特徴的なのは歩いているとシビレ・足の痛みが強くなり腰を曲げたり、座り込むと痛み、シビレが消失する間欠性跛行と言う症状が特徴的です。また、間欠性跛行がなくとも両足のシビレ・痛みをともなう時はその他の所見を鑑みて脊柱管狭窄症を疑っていきます。

脊柱管狭窄症は軽度~中等度なら早くて3カ月~半年以上の施術を行って症状の軽減を図っていきます。ただし、重度の場合は手術をしたほうが良いかもしれません。

特に軽度の方なら症状が消失するときもありますが、中等度以上だと症状が軽減しても消失しない方が出てきます。また脊柱管狭窄症は進行してきますので、放っておかないで早い段階で治療と施術を受けて頂いくことを強くおすすめいたします。

脊柱管狭窄症の原因とは?

脊椎は、椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。

一つ一つの椎骨には穴(椎孔、ついこう)が空いており、1本の管のようになっています。これを脊柱管といい、その中には脊髄とそれに続く馬尾(ばび)神経が入っています。

脊柱管の狭窄は加齢性の変化で、椎間板の変性や骨の変形、靱帯の緩みなどが原因になります。また、生まれつき脊柱管が狭いために発症するケースもあるようです。

一般的に、腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、腰部脊柱管狭窄症は40歳以上の中高年が発症しやすいとされています。ただ、下肢の血栓性静脈炎、動脈硬化症といった血流障害でも同様の症状が出ます。病院で正確な診断をしてもらいましょう。

脊柱管狭窄症の治療は、当院へおまかせください!

脊柱管狭窄症でお悩みならリカバリー整骨院 二日市院にお任せください!

当院では、患者様に健康的な生活を送っていただけるように全力でサポートいたします。
症状の説明、そして安心して受けられる施術プランをご提案させていただきます。不安な方も、まずは当院へお気軽にご相談ください。ご来院お待ちしております。

リカバリー整骨院 二日市院では、脊柱管狭窄症の起きにくい体質を手に入れることができます。

当院はJR二日市駅そばに立地していますが、マイカーでご来院になりたいお客さまのために1時間100円分の駐車場代を補助しています。駐車場は当院お近くの駐車場をご使用ください。

タイトルとURLをコピーしました