梨状筋症候群について

梨状筋症候群について

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群は、坐骨神経が骨盤の出口付近で刺激を受け、痛みが生じている状態であり、厳密には梨状筋の部分に痛みが生じる状態を指します。

坐骨神経と非常に近い部分にあるため、坐骨神経痛と混同されることも多く、医師によっては総合的に坐骨神経痛と扱うことも少なくありません。

また、細かな原因を特定することが難しい面もあるため、基本的には坐骨神経痛の治療法と同じように行われることが多くなっています。

坐骨神経が圧迫されていることで梨状筋症候群を伴っているものや、椎間板ヘルニアなどが影響し痛みを伴うものなど、原因と症状は人によって様々です。そのため、原因と症状を十分に確認し、適切な治療を行うことが大切です。

梨状筋症候群の治療法

梨状筋症候群診断された場合、鎮痛剤の投与やブロック治療による痛みの鎮静などの対処が一般的です。

自分で出来る改善策として、日常的に下肢のストレッチなどを行うことで梨状筋がほぐれ、痛みを和らげる方法があります。

しかし、症状が悪化し常に痛みが発生する場合には、外科手術による対処も必要になる場合があります。

この方法は梨状筋を切り離し、坐骨神経に影響を及ぼさないようにする処置となっています。

梨状筋症候群の治療は当院へおまかせください!

座っている時におしりの外側あたりが痛い、太ももの後面にかけてしびれがある場合、梨状筋症候群の可能性があります。

自分で症状を緩和させる方法もありますが、方法を間違えると症状はより悪化してしまいますので、専門家による治療をおすすめしています。

当院では、丁寧な問診で患者様の痛みの原因を特定し、根本改善いたします。
他院では治らなかった方、治療を諦めている方はお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました