足底筋膜炎について

足底筋膜炎について

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎は足の裏が痛くなるものであり、歩きすぎたり運動のしすぎが原因であると思い込んでいる人が少なくありません。

しかし、その原因と症状を適切に理解し、症状が発生したときに適切な対処をしなければ、後に大きな病気につながってしまうこともあるので注意が必要です。

足底筋膜炎とは、足の裏にある足底筋膜が炎症を起こしてしまう症状のことです。

足底筋膜は、歩いたり走ったりする場合にクッションの役割を果たすものであり、踵から指先までの動きを制御する重要なものです。常に酷使されている部分であるため、非常に負荷がかかりやすい部分であることを意識することが大切です。

足底筋膜炎の症状と治療法

足底筋膜炎になると足の裏に痛みを感じ、悪化すればかかとの内側に強い痛みが生じて歩くことができなくなってしまうことも少なくありません。

日ごろからできる対策として、リラックスをさせるためのストレッチなどを行っていくことが重要となります。

足底筋膜炎の主な治療法は、痛みを和らげる鎮痛剤などを使用し、その後リハビリなどを行って長期的に治療をするのが一般的です。

足底筋膜炎の治療は、当院へおまかせください!

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください!

足底筋膜は、歩いたり走ったりと普段の生活の動きの中でも衝撃を軽減させる働きを持っています。
しかし、激しい運動により負荷をかけすぎると痛みが生じるため、適切なケアが必要になります。

当院では、統合医療により様々な角度から身体の問題を探し出し、根本的にアプローチしていきます。

痛みや不調にお悩みの方の生活や人生を変えられるよう、精一杯サポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました