手根管症候群について

手根管症候群について

手根管症候群の症状とは?

手根管症候群とは、怪我などをしていないのに突然手の指に激痛が走る疾病です。

医学分類では神経外科の専門領域となる疾患であり、現在、日本では約400万人の方が手根管症候群を患い、治療を受けています。

症状は指の関節部分の痛みとマヒであり、リウマチのような変形をきたす場合もあります。

 

手根管症候群と原因

特に40歳以上の方が発症しやすく、原因は視神経の異常であるものの、そのメカニズムは未だはっきりと解明されていません。

そのため、手根管症候群は一度発症すると完治ができず、ステロイド剤を服用して症状の緩和に努めないといけません。

しかし、お薬で症状を抑えても、気温の変化などによってふたたび痛みを伴う可能性があります。

 

手根管症候群を予防するには

原因と症状を見る限り、手根管症候群は生活習慣に起因をする疾病ともいえます。

長時間にわたって指を動かしている方が多く発症しているため、デスクワークなどでパソコンを使っていると手根管症候群になりやすいです。

予防法として挙げられるのは、ストレッチと温感療法です。1時間に1回程度は指を労わり、入浴で患部を温めておけば症状を落ち着かせることができます。

 

手根管症候群でお悩みの方は当院にお任せください

手根管症候群は、骨折によるケガや手の使いすぎ、妊娠・出産期や更年期の女性に多く生じるなど、お一人お一人によって症状が異なります。
痛みの原因を特定するために早期の改善をおすすめしています。

当院では、痛みの根本施術だけでなく、身体の状態を維持できるように症状に合わせたストレッチや体操などをお伝えしています。

整骨院の利用が初めての方も安心して通っていただけるよう、環境を整えておりますので、ぜひご来院ください。

タイトルとURLをコピーしました